ろばとでにろう マスメディア登場実績
2019-12-24
朝日新聞(長崎版)に掲載されました。
2019-05-07
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2019-04-14
The Japan Times(ジャパンタイムス)に掲載されました。
2019-01-30
朝日新聞(京都版)に掲載されました。
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2020年07月02日

「ジブリの"大じゃない"博覧会」が開催されます

このエントリーをはてなブックマークに追加
●「ジブリの"大じゃない"博覧会」が開催されます

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です


新型コロナウイルス感染拡大は、人命はもちろん、経済的にも多大な影響を与えました。


スポンサーリンク






経済的には、新型コロナウイルス感染拡大防止の名目のもと、三密を避けることが徹底されたため、人が集まることが、飲食や買い物という生活の場から、イベントという非日常にいたるまで、ありとあらゆるところで自粛されてしまいました。

非常事態宣言後は、そうした動きも徐々に緩和されてきましたが、イベントなどの非日常ごとには、まだまだ自粛雰囲気の方がまさっています。


スタジオジブリも今年、6月25日(木)から9月6日(日)まで、『ジブリの大博覧会 〜ジブリパーク、開園まであと2年。〜』の開催を予定していましたが、御多分に洩れず新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、開催を延期していました。

ジブリの大博覧会
(C)TS(C)Studio Ghibli


そのジブリが、7月22日(水)から『ジブリの"大じゃない"博覧会』を開催すると発表しました。

キン肉マン
(C)TS(C)Studio Ghibli

・入場チケットは、日時指定で事前購入して入場人数を抑える
・展示物は2メートルの間隔をあけて、来場者が密にならないようにする
といった三密回避対策をとっての開催となります。


この"大じゃない"博覧会は、大博覧会の代替えではなく、別物のイベントで、『ジブリの大博覧会 〜ジブリパーク、開園まであと2年。〜』は改めて開催されるということなので、ファンとしては、楽しみがひとつ増えたというわけですね


公式サイトでは、「千と千尋の神隠し」の「湯婆婆」も、マスク姿でイベントを告知していますよ

キン肉マン
(C)TS(C)Studio Ghibli


面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。
キャラクター評論家 ろばと でにろう


スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 18:59 | Comment(0) | キャラクターとイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx