ろばとでにろう マスメディア登場実績
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2011年04月11日

東日本大震災によって刷り込まれてしまった『あいさつの魔法』CMとそのキャラクター

このエントリーをはてなブックマークに追加
●東日本大震災によって刷り込まれてしまった『あいさつの魔法』CMとそのキャラクター

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です。


東日本大震災から一ヶ月が経ちました。
一ヶ月経ちましたが、全く心が晴れませんね。
幸いにも、直接の被害を被ったわけでもないのに…

改めまして、「東日本大震災」により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災者のみなさまには心よりのお見舞いを申し上げますと共に、1日も早い復興とみなさまのご無事を心よりお祈り申し上げます。



ところでキャラクターが気になる身としては、この一ヶ月で俄然注目を浴びているキャラクターを放っておくわけにはいきません。

それは、『こんにちワン』などが登場してくる、『あいさつの魔法』のCMに出てくるCMキャラクターです。

あいさつの魔法
公共広告機構ACジャパンの『あいさつの魔法』


このCMはACジャパンによって作られたCMですが、このテのCMは、通常のCM枠でポッカリ空きが出た時に、その埋め合わせとして流される公共のCMなのですが、ご承知のように、東日本大震災により、各企業がご時世を鑑みてCMを自粛した事により、民放放送局のCM枠が空いてしまったために、CMが流されていました。

今回の場合は、その放送回数が尋常ではなく、ACジャパンの公共広告CMしか流されない場合も少なくなく、でもって、ACジャパン製作のCMも、それほど種類が多くないので、結果として『あいさつの魔法』のCMを異常に目にする機会が増えてしまい、勢い、民放放送局を見ていた人たちにとっては、『あいさつの魔法』に出てくるキャラクターや『ポポポポ〜ン』といったフレーズが脳内に刷り込みされてしまったといってもいいでしょう。

別に、ACジャパンも、民放各局も、意図してやっていたわけではありませんが、これもまた、震災がもたらした影響のひとつと言えます。


『あいさつの魔法』のCMに出てくるキャラクターたち

あいさつの魔法のこんにちワン
『こんにちワン』

あいさつの魔法のありがとウサギ
『ありがとウサギ』

あいさつの魔法のこんばんワニ
『こんばんワニ』

あいさつの魔法のさよなライオン
『さよなライオン』

あいさつの魔法のおはよウナギ
『おはよウナギ』

あいさつの魔法のいただきマウス
『いただきマウス』

あいさつの魔法のいってきまスカンク
『いってきまスカンク』

あいさつの魔法のただいマンボウ
『ただいマンボウ』

あいさつの魔法のごちそうさマウス
『ごちそうさマウス』

あいさつの魔法のおやすみなサイ
『おさすみなサイ』

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 21:59 | Comment(0) | キャラクター紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx