ろばとでにろう マスメディア登場実績
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2011年12月31日

2011年のキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラクター)は『あいさつの魔法』CMのキャラクターに決定いたしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
●2011年のキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラクター)はCM『あいさつの魔法』のキャラクターに決定いたしました。

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です。


ワタクシ「ろばと でにろう」が、毎年独断と偏見で選ぶ(!)、今年のキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラクター)

2011年はCM『あいさつの魔法』のキャラクターに決定いたしました。

あいさつの魔法
公共広告機構ACジャパンの『あいさつの魔法』


『あいさつの魔法』のCMとは、東日本大震災により、民放放送でのCMを、各企業が一斉に自粛したことによる穴埋めの為に、ACジャパンが制作した、公共広告のCMのひとつです。


このCMでは、次のキャラクターが登場しました。

『あいさつの魔法』のCMに出てくるキャラクターたち

あいさつの魔法のこんにちワン
『こんにちワン』

あいさつの魔法のありがとウサギ
『ありがとウサギ』

あいさつの魔法のこんばんワニ
『こんばんワニ』

あいさつの魔法のさよなライオン
『さよなライオン』

あいさつの魔法のおはよウナギ
『おはよウナギ』

あいさつの魔法のいただきマウス
『いただきマウス』

あいさつの魔法のいってきまスカンク
『いってきまスカンク』

あいさつの魔法のただいマンボウ
『ただいマンボウ』

あいさつの魔法のごちそうさマウス
『ごちそうさマウス』

あいさつの魔法のおやすみなサイ
『おさすみなサイ』


本当は一つのキャラクターに絞りたかったのですが、選考の結果、結局CM『あいさつの魔法』という"チーム"での受賞とさせていただきました。
そういう意味では、なでしこジャパンと同じです(笑)


あっ、なでしこジャパンと言えば、東日本大震災が無ければ、2011年のキャラクター・オブ・ザ・イヤーは、なでしこジャパンのキャラクターの楓ちゃんが輝くところでした。

なでしこジャパンの楓ちゃん
なでしこジャパンのイメージキャラクター『楓ちゃん』



果たしてアナタは今年、どんなキャラクターが印象に残りましたか?


過去のキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラ)
2010年『ゲゲゲの鬼太郎』
2009年『機動戦士ガンダム』
2008年『ドアラ』
2007年『ひこにゃん』
2006年『The World of GOLDEN EGGS』
2005年『モリゾー&キッコロ』
2004年『リラックマ』
2003年『NOVAうさぎ』

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 23:57 | Comment(0) | キャラクターとイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx