ろばとでにろう マスメディア登場実績
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2012年11月30日

国体キャラクターの国体終了後の行く末

このエントリーをはてなブックマークに追加
● 国体キャラクターの国体終了後の行く末

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です。


2012年の国民体育大会(国体)は9月29日から10月9日、
そして、全国障害者スポーツ大会は、10月13日から10月15日に渡って岐阜県で開催されました。

それから約一ヶ月半後、大会キャラクターだったミナモのグッズを販売していたお店も、ついに閉店を迎えることとなりました。

2012年岐阜国体キャラクターミナモのお店


最近の流れとして、国体が開催されると決まると、それに向けて盛り上げていくためにキャラクターが作られ、国体が始まるまではそうした「国体キャラ」を前面に、様々なイベントが開催されますが、国体が終了すると、その都道府県の公務員として、都道府県の宣伝部長といった類の肩書を得て納まるというパターンが多く見られます。

要するに、国体後も国体キャラは存続する事が多いのです。

これは、せっかくの認知度がもったいない。(県民のおよそ90%の方が「ミナモを知っている」と答えています)とか、単純に居なくなるのは寂しいといった要望に応えてのもので、岐阜県もミナモの存続を発表していますが、一方で、そんなのに税金をかけるなという声もまた少なくありません。


いまやゆるキャラは、ブームを過ぎて、一定の認知度がある存在にまでなってきていますが、一方で作られては消えていくという現実があるのも事実です。

イベント前の宣伝にも、イベント終了後の維持管理にも費用が発生するのです。
そして自治体の場合、それは税金なのです。

そのあたりの兼ね合いをみて、キャラクターの最期というのを決めていく必要があるわけで、ただブームだからと言ってゆるキャラを作るというのは全く以ってナンセンスなことなんですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 22:13 | Comment(0) | キャラクターとイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx