ろばとでにろう マスメディア登場実績
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2013年12月25日

2013年のキャラクター・オブ・ザ・イヤーは「くまモン」に決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加
●2013年のキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラクター、以下年度代表キャラ)は「くまモン」に決定いたしました!

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です。


ワタクシ「ろばと でにろう」が、毎年独断と偏見で選ぶ(!)今年の年度代表キャラ。

2013年は「くまモン」に決定いたしました!

熊本県の営業部長「くまモン」
2013年のキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラクター)に輝いた熊本県の営業部長「くまモン」


昨年のキャラクター・オブ・ザ・イヤーでは、接戦の末、惜しくも「おさわり探偵 なめこ栽培キット」の「なめこ」に年度代表の座を譲ったくまモンにとっては、2年越しの戴冠となったわけです。


思えばくまモンは、2011年のゆるキャラグランプリでグランプリを獲得して以降、その認知度、人気度、貢献度、どれをとっても下降することなく、上昇し続けて今日まできております。

今年は海外にも行きました。
天皇陛下ともお会いしました。

天皇陛下をお迎えした「くまモン」
天皇陛下をお迎えした「くまモン」

来年以降の活躍もまた、楽しみにしたいところです。

その来年ですが、果たしてどんなキャラクターがキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラ)の栄冠に輝くでしょうか。

今、猛烈にふなっしーの勢いが増してきています!
そのふなっしーに代表されるように、既にゆるキャラ界は、個性が際立ったキャラクターが人気な時代に入ってきています。

個人的には、とっとちゃんは叩かれてしまいましたが、しかし「ゆるキャラ」ならぬ「エロキャラ」をウリにしたキャラクターが人気を博すキャラクターが出てくるのではないかと思っています。

そのひとつの指針となったキャラクターが「テッド」です。

テッド
テッド

昔、エロかっこいいなんていうフレーズがありましたが、来年はエロかわいいというキャラクターが支持を受けているかもしれません。



これまでのキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラ)
2013年 『くまモン』
2012年 「おさわり探偵 なめこ栽培キット」の『なめこ』
2011年 CM『あいさつの魔法』
2010年『ゲゲゲの鬼太郎』
2009年『機動戦士ガンダム』
2008年『ドアラ』
2007年『ひこにゃん』
2006年『The World of GOLDEN EGGS』
2005年『モリゾー&キッコロ』
2004年『リラックマ』
2003年『NOVAうさぎ』

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 23:49 | Comment(0) | キャラクターとイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx