ろばとでにろう マスメディア登場実績
2019-05-07
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2019-04-14
The Japan Times(ジャパンタイムス)に掲載されました。
2019-01-30
朝日新聞(京都版)に掲載されました。
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2014年04月22日

2014年のゆるキャラグランプリは中部国際空港で開催されます

このエントリーをはてなブックマークに追加
●2014年のゆるキャラグランプリは中部国際空港で開催されます




キャラクター評論家「ろばと でにろう」です。

2010年から開催されているゆるキャラグランプリ
今やその結果は、テレビや一般紙のニュースでも取り上げられるくらい関心度の高いものとなっています。

なぜゆるキャラグランプリが関心高いものになったのかと言えば、当初はゆるキャラブームを受けてというのが主な理由でしたが、最近はこれに加え、経済的な面からという理由も大きくなってきています。

というのも、過去にグランプリを獲得した熊本県のくまモンや愛媛県今治市のバリィさんを見ればわかるように、このイベントでグランプリを獲得すると、そのキャラクターの露出が上がり、それに付随してその地元の露出度も上がる。そしてそれがその地区の経済効果を高めることに繋がるという動きが見られるようになってきたからです。

2011年グランプリのくまモンと2012年グランプリのバリィさん
2011年ゆるキャラグランプリのくまモンと2012年ゆるキャラグランプリのバリィさん


ところでこのゆるキャラグランプリは、事前にネットなどで投票を受け付け、それが集計されてゆるキャライベントで結果が発表されるというスタイルになっていて、これまではその舞台が、埼玉県羽生市で開催されている「ゆるキャラさみっと」でした。

それが今年は、中部国際空港(愛知県常滑市)で開催されることが発表されました。(11月1日から3日までの予定)

今回の開催場所の変更は、羽生市が何か問題を起こしたからというものではなく(苦笑)、全国からゆるキャラのイベント誘致の要望が多く寄せられたためのものだそうです。
そして、来年以降もゆるキャライベント開催地を募集するということなので、この誘致もまた白熱していくこと必至です。

イベントを催し、そこでグランプリを獲得すると、その地域に経済効果が生まれる。そしてそのイベントは人気なって人が集まるようになり、今度はそのイベントを誘致する運動が激しくなる…
この流れは既にB級グルメグランプリが辿っていますが、ゆるキャラグランプリもまた、そうした一大イベントになったというわけです。

ゆるキャラグランプリ自体は、とりわけ昨年から組織票で面白くないという声も上がっていますが、こと集客に関しては、まだまだ当分の間大丈夫といった感じがしてます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 19:21 | Comment(0) | キャラクターとイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx