ろばとでにろう マスメディア登場実績
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2014年10月25日

ディズニー最新作「ベイマックス」は日本が舞台

このエントリーをはてなブックマークに追加
●第27回東京国際映画祭オープニング作品のディズニー最新作「ベイマックス」は日本が舞台

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です。

現在、東京六本木ヒルズで第27回東京国際映画祭が開催されています。

スポンサーリンク





アジア最大級の映画祭だけあって、レッドカーペットに登場するスターの顔ぶれは壮観なものがあります。
なんてったって、ウルトラマンたちまでもがレッドカーペットに登場するんですから!w

第27回東京国際映画祭のレッドカーペットを歩くウルトラマンたち
第27回東京国際映画祭のレッドカーペットを歩くウルトラマンたち

そんな第27回東京国際映画祭ですが、ひときわ目立った存在だったのが、オープニング作品となったディズニーアニメ最新作「ベイマックス」です。
注目された理由のひとつに、この「ベイマックス」は、本国アメリカを差し置いて、日本のこの東京国際映画祭が世界初上映である。というのがあります。

第27回東京国際映画祭オープニング作品「ベイマックス」の舞台挨拶
第27回東京国際映画祭オープニング作品「ベイマックス」の舞台挨拶

なぜ、世界初公開の場が日本になったのか?という点については、
1.「ベイマックス」の舞台が日本(一応「サンフランソウキョウ」という架空都市ですが)である
2.ディズニーの日本市場重視の現れ
の2点があげられます。

第27回東京国際映画祭オープニング作品「ベイマックス」の1シーン
第27回東京国際映画祭オープニング作品「ベイマックス」の1シーン

町並みの背景や、主役「ベイマックス」の顔が神社の鈴がモチーフにされているなど、日本人に対する観察眼がしっかりしている点が、日本人にも好感が持てます。

第27回東京国際映画祭オープニング作品「ベイマックス」の顔は神社の鈴
第27回東京国際映画祭オープニング作品「ベイマックス」の顔は神社の鈴

ディズニーアニメと言えば、今年は「アナと雪の女王」が大ヒットしました。

アナと雪の女王
アナと雪の女王

先に「ディズニーの日本市場重視の現れ」と書きましたが、「アナと雪の女王」の映画興行収入は日本は2億4,870万ドルあり、これはアメリカに次ぐ世界2位の収入でした。

それだけに今回の「ベイマックス」が日本を舞台にしたアニメで、その世界初公開の場も日本にしたというのは、ディズニーの日本の市場に対する期待度の高さの表れと言えます。

スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 22:18 | Comment(0) | 映画とキャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx