ろばとでにろう マスメディア登場実績
2019-05-07
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2019-04-14
The Japan Times(ジャパンタイムス)に掲載されました。
2019-01-30
朝日新聞(京都版)に掲載されました。
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2014年10月24日

ゆるキャラグランプリ2014、決選は中部国際空港にて

このエントリーをはてなブックマークに追加
●ゆるキャラグランプリ2014はネットでの投票は終了、あとは中部国際空港での決選投票あるのみ

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です


今年2014年のゆるキャラグランプリは、これまでの埼玉県羽生市から会場を移して、愛知県の中部国際空港(通称セントレア)で開催されます(11月1日〜3日)


スポンサーリンク






既にネット上での投票受付は終了しており、ここまでの集計でトップを走っているのは、群馬県のぐんまちゃんとなっています。
ゆるキャラグランプリ2014暫定順位1位のぐんまちゃん

ネット受付終了時点での暫定順位(上位)は、以下のとおり
1位:群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」
2位:ふっかちゃん
3位:みきゃん
4位:しんじょう君
5位:チャチャ王国のおうじちゃま
6位:与一くん
7位:とち介
8位:島根県観光キャラクター「しまねっこ」

ここに今年は現地会場での最終投票が行われ、これらを加味して最終順位が決定されるという仕組みになっています。


ぐんまちゃんはこれまでもゆるキャラグランプリで、2012年3位、2013年3位と、安定した人気を誇っており、(ぐんまちゃんは馬なので、競馬風に言うと)「今年は遂に悲願のゴールに先頭で駆け抜けることができるか?」といった感じでしょうか。

ところでこのゆるキャラグランプリは、地方特産の料理を競うB級グルメグランプリ同様、その結果を今やネットのみならず、マスメディアも取り上げる程のビッグイベントになっており、その集客力や経済効果がビジネスとして注目されています。

これだけ注目されるビッグイベントになると、そこに参加したいと思う側も増えますし、そのイベントを開催したいというところも出てきます。

今回、埼玉県羽生市から愛知県の中部国際空港に会場が移ったのも、こうした引き合いに応えたわけです。

近頃では、そろそろゆるキャラも飽きられてきた感があるという声も聞こえてきたりします。
それは確かに、正しいと思えるところもあります。
が、あたくしはそれは「これから参入するには」という枕詞がついてのものだと考えています。

そろそろ淘汰…つまり勝ち負けがハッキリ付き始めてきたゆるキャラ界ですが、その頂上決戦であるゆるキャラグランプリの盛り上がりは、まだまだ落ち込む気配はないことでしょう。


スポンサーリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 23:47 | Comment(0) | キャラクターとイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx