ろばとでにろう マスメディア登場実績
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2016年03月19日

プロ野球パ・リーグのヒーローキャラクターとのコラボイベント

このエントリーをはてなブックマークに追加
●プロ野球パ・リーグのヒーローキャラクターとのコラボイベント

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です。


今年も間もなくプロ野球が開幕しますね♪

スポンサーリンク





今年も多くの白熱した試合が見られることと思います。

ところで近年、野球場というのは以前と比べると、随分と様変わりしてきています。

アメリカのメジャーリーグがスタジアムを「ボールパーク」と呼び、来場してもらった観客を楽しませ飽きさせないよう様々なイベントごとを行っているのですが、日本でも2004年の球界再編問題が起きて以降、メジャーのファンに対する考え方を取り入れる動きが顕著に見られるようになってきました。

野球場が、単なる野球の試合を観に行くだけの場から大きく転換されるようになってきたわけです。
こうした動きは、プロ野球では、とりわけパ・リーグに多く見ることができます。

そんな動きのひとつに、「パ・リーグ 親子ヒーロープロジェクト」があります。
これは、プロ野球や球場の楽しさをより多くの親子に体験してもらうことを目的としたもので、パリーグ6球団横断型の企画となっています。

このイベントは既にこれまでにも行われています。

2014年は、「ウルトラマンシリーズ」とのタイアップ
2015年は、「仮面ライダーシリーズ」とのタイアップ

そして今年2016年は「スーパー戦隊シリーズ」とタイアップします。
スーパー戦隊シリーズは、今年テレビ放送40周年作品記念として、2月から「動物戦隊ジュウオウジャー」が活躍していますが、そのジュウオウジャーとコラボするのです。

スーパー戦隊シリーズ40周年作品記念「動物戦隊ジュウオウジャー」
スーパー戦隊シリーズ40周年作品記念「動物戦隊ジュウオウジャー」

スーパー戦隊シリーズは2016年で40周年
スーパー戦隊シリーズは2016年で40周年

「動物戦隊ジュウオウジャー」がパ・リーグの球場に登場する日程は次のとおりです。
5月4日(祝)、5日(祝) 東北楽天x千葉ロッテ(コボスタ宮城)
7月2日(土)、3日(日) 千葉ロッテxオリックス(QVCマリン)
8月6日(土)、7日(日) オリックスx千葉ロッテ(京セラドーム)
8月13日(土)、14日(日) 埼玉西武xオリックス(西武プリンス)
8月20日(土)、21日(日) 北海道日本ハムx福岡ソフトバンク(札幌ドーム)
8月27日(土)、28日(日) 福岡ソフトバンクxロッテ(ヤフオクドーム)


スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 22:46 | Comment(0) | キャラクターとコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx