ろばとでにろう マスメディア登場実績
2019-12-24
朝日新聞(長崎版)に掲載されました。
2019-05-07
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2019-04-14
The Japan Times(ジャパンタイムス)に掲載されました。
2019-01-30
朝日新聞(京都版)に掲載されました。
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2019年08月10日

着ぐるみの「中の人」が熱中症で死亡

このエントリーをはてなブックマークに追加
●着ぐるみの「中の人」が熱中症で死亡

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です


着ぐるみ「中の人」(28歳のアルバイト男性)が熱中症で死亡するという、痛ましい事件がありました。


スポンサーリンク






事件が起きたのは、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」

「ひらかたパーク」は国内最古の遊園地として知られ、近年はブラックマヨネーズの小杉竜一さんが『ひらパー兄さん』を、V6の岡田准一さんが『超ひらパー兄さん』として関わっている影響で、昨年は130万人を超える来場者数を記録しています。


男性が入っていたのは、パークのマスコットキャラクター「ノームのなかまたち」の「トランプ」で、着ぐるみの総重量は15キロありました。
ひらかたパークのマスコットキャラクター「ノームのなかまたち」の「トランプ」


一般の感覚なら、酷暑の真夏に、熱気の逃げ場の無い着ぐるみの中に入って演じるなんてことは正気の沙汰ではないと考えるのが普通でしょう。

しかし、そうしたパフォーマンスに夢をかけている人たちには、無謀とわかっていても乗り越えたい、やり遂げたいと思って無理をします。

なので本来なら、周りが無理をさせない体制を敷いていないといけないのですが、体調不良を訴えるのがはばかられる雰囲気だったかもしれません。

そもそも着ぐるみ活動中は、中の人は"夢を壊す"ということで、声を出すとか、ヘッドを取るという行為が暗黙のルールでNGとなっています。

今回の男性は、当日、当初から体調が悪かったということも言われています。


こうしたいろいろ要因がありますが、いずれにせよ今回の不幸な結果を、たまたま起きてしまったと安易に捉えるのではなく、いろんな方面から考えて事故を回避できる対策を立てていただきたいと切に思います。


面白かった。為になったと感じたら、ツイートして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。
キャラクター評論家 ろばと でにろう


スポンサーリンク






このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 23:19 | Comment(0) | 訃報に際して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx