ろばとでにろう マスメディア登場実績
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2010年12月25日

2010年のキャラクター・オブ・ザ・イヤーは『ゲゲゲの鬼太郎』に決定いたしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワタクシ「ろばと でにろう」が、毎年独断と偏見で選ぶ(!)、今年のキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラクター)

2010年は『ゲゲゲの鬼太郎』に決定いたしました。

1968年の『ゲゲゲの鬼太郎』
最初にアニメ化された1968年の『ゲゲゲの鬼太郎』オープニングより


『ゲゲゲの鬼太郎』はご存知のように、水木しげるさん原作の絶大な人気を誇る漫画で、1968年にテレビアニメ化がされて以降、定期的なアニメ化やアニメ・実写版の映画化など、機会があるごとに鬼太郎人気がおこり、そのおかげで今では、幅広い世代に対してファンを持つ、日本を代表するアニメのひとつとなっています。

ただ、今年『ゲゲゲの鬼太郎』をキャラクター・オブ・ザ・イヤーに選んだのは、実は『ゲゲゲの鬼太郎』のアニメの人気に因るものといった"直球的"なものではなく、むしろ"変化球"によるものでした。

そう、もうお気づきでしょう。
今年は、NHKの朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』のヒットに因り、『ゲゲゲの鬼太郎』が受賞したというものなのです。

ゲゲゲの女房
大ヒットしたNHKの朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』


なので今回使用した鬼太郎の写真は、最近の平成アニメの顔ではなく、ドラマのように昭和の匂いをだすため、最初にアニメ化された時のものを使用してみました。(笑)


この『ゲゲゲの女房』のヒットにより、鳥取県境港市の「水木しげるロード」の観光客数が過去最高の200万人超えを記録したり、ドラマの舞台となっていて、水木夫妻が在住している調布市と『ゲゲゲの鬼太郎』がコラボレーション(『ゲゲゲの鬼太郎』とプロサッカーチーム「FC東京」のマスコットキャラクター『ドロンパ』が、街路灯バナーフラッグで共演。)したりと、多方面に好影響を与えました。

ゲゲゲの鬼太郎とFC東京のマスコットキャラクター『ドロンパ』
『ゲゲゲの鬼太郎』とプロサッカーチーム「FC東京」のマスコットキャラクター『ドロンパ』が共演しているバナーフラッグ。



さて、アナタは今年、どんなキャラクターが印象に残りましたか?


過去のキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラ)
2009年『機動戦士ガンダム』
2008年『ドアラ』
2007年『ひこにゃん』
2006年『The World of GOLDEN EGGS』
2005年『モリゾー&キッコロ』
2004年『リラックマ』
2003年『NOVAうさぎ』

このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 15:02 | Comment(0) | キャラクターとイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx