ろばとでにろう マスメディア登場実績
2019-12-24
朝日新聞(長崎版)に掲載されました。
2019-05-07
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2019-04-14
The Japan Times(ジャパンタイムス)に掲載されました。
2019-01-30
朝日新聞(京都版)に掲載されました。
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2019年12月31日

2019年のキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラクター)は、「すみっコぐらし」に決定いたしました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
●2019年のキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラクター)は、「すみっコぐらし」に決定いたしました!

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です。


あたくし「ろばと でにろう」が、毎年独断と偏見で選ぶ今年の年度代表キャラ。
2019年は「すみっコぐらし」に決定いたしました!

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」
「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」


スポンサーリンク






今年印象に残ったできごととして、ラグビーワールドカップと平成から令和への改元がありました。

ラグビーワールドカップは、" ONE TEAM " が流行語大賞に選ばれたように、2019年を代表する大きなイベントだったので、そのマスコットキャラクターである「レンジー」を推したい気持ちもありましたが、大会自体や日本代表選手に対する盛り上がりや話題性に比べた時、「レンジー」のそれらや認知度が少々物足りない感じがしました。

また平成から令和への改元に関しては、改元(あるいは平成や令和)に関連したキャラクターが登場してこなかったことが残念で、そもそも選考対象から外さざるを得ませんでした。


そんな2019年を代表するできごとを抑えて、「すみっコぐらし」が受賞となりました。

「すみっコぐらし」は、既に2012年に世に登場していたキャラクターですが、今回受賞となった最大の要因は「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」の(予想を超えた)大ヒットにあります。

「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」
「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」




「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」は、
・大規模公開でないにも関わらず、公開初週の興行収入ランキング3位にランクインし、その後口コミで満席の劇場が相次いでいる。
・映画レビューサイトでは、軒並み高得点をマークと作品への評価が高い。
・劇場公開1ヶ月で観客動員数が71万人超え。
・さらに、公開7週で、観客動員数90万738人、興収1,090,057,400円と10億超えを記録。
・公開7週目を迎えて、上映会場は順次拡大し、累計212館で上映という異例のロングランとなっています。

ちなみに、いろんな口コミにあるように、「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」は、あたくしは泣けました。


「すみっコぐらし」のキャラクター商品全体の売り上げ累計は2019年12月で300億円と、今や「リラックマ」と共に「サンエックス」を支えるキャラクターに成長しています。

来年以降の「すみっコぐらし」の活躍が楽しみで仕方ないです。


さて、果たして来年はどんなキャラクターがキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラ)の栄冠に輝くでしょうか。


これまでのキャラクター・オブ・ザ・イヤー(年度代表キャラ)
2019年『すみっコぐらし』
2018年 NHKテレビ「チコちゃんに叱られる」の『チコちゃん』
2017年『リカちゃん』
2016年『ポケットモンスター(ポケモンGO)』
2015年『STAR WARS™(スター・ウォーズ)』
2014年『妖怪ウォッチ』
2013年『くまモン』
2012年「おさわり探偵 なめこ栽培キット」の『なめこ』
2011年 CM『あいさつの魔法』
2010年『ゲゲゲの鬼太郎』
2009年『機動戦士ガンダム』
2008年『ドアラ』
2007年『ひこにゃん』
2006年『The World of GOLDEN EGGS』
2005年『モリゾー&キッコロ』
2004年『リラックマ』
2003年『NOVAうさぎ』


面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。
キャラクター評論家 ろばと でにろう


スポンサーリンク






このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 23:47 | Comment(0) | キャラクター紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx