ろばとでにろう マスメディア登場実績
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2017年01月10日

JR東日本のスタンプラリー、第3弾の今年はドラゴンボール

このエントリーをはてなブックマークに追加
●JR東日本のスタンプラリー、第3弾の今年はドラゴンボールスタンプラリー

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です。


JR東日本は近年、年明け早々のこの時期にスタンプラリーを開催するようになりました。


スポンサーリンク






2015,6年と、ウルトラマンをテーマにしたスタンプラリーを開催してきました(2015年のスタンプラリーはこちら)が、2017年の今年は、ドラゴンボールをテーマにしたスタンプラリーを開催しています。(2017年1月10日から2017年2月27日まで)


JR東日本のスタンプラリー、2017年はドラゴンボールがテーマ
JR東日本のスタンプラリー、2017年はドラゴンボールがテーマ

JR東日本のスタンプラリー、2017年はドラゴンボールがテーマ


前回までのウルトラマンの時は、50代前後の世代の方もせっせとスタンプを集めている姿をよく見かけましたが、ドラゴンボールは一回りくらい下の世代になるでしょうか。
もっとも、そうした親世代が、子供連れでという光景も当然見受けられるでしょうし、JR東日本もおそらく、それを一番多く見込んでいることでしょう。

こういったスタンプラリーって、もちろん他にも目的はありますが、一番の楽しみはキャラクターを集めること
キャラクターを集めるという行為は、とりわけ男子なら子供の頃から仮面ライダーカードやプロ野球選手カード、あるいはビックリマンシールといった具合に、いつの世代でも何らかの収集をしているわけで、馴染みがあるわけです。

ポケモンGOが爆発的人気となったのも、ポケットモンスターを集めるということがウケた結果と言えます。
そう考えると、キャラクター天国の日本では、この先も様々なキャラクターでスタンプラリーが継続されていくと考えられますね♪



面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。
キャラクター評論家 ろばと でにろう


スポンサーリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 23:46 | Comment(0) | キャラクターとイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx