ろばとでにろう マスメディア登場実績
2019-04-14
The Japan Times(ジャパンタイムス)に掲載されました。
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2019年01月16日

ラオウの言葉を引用して横綱稀勢の里関が引退表明されました

このエントリーをはてなブックマークに追加
●ラオウの言葉を引用して横綱稀勢の里関が引退表明されました

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です


横綱稀勢の里関が引退されました。


スポンサーリンク






日本の大相撲ファンの大多数が待ち望んでいた日本出身横綱に、やっとの思いで昇進したのもつかの間。
横綱在位わずか2年という、短命横綱で土俵を去ることになってしまいました。

横綱在位12場所の内、場所を皆勤したのはわずか2場所で、横綱としての連続休場や連敗記録など、不名誉な記録ばかり残してしまいましたが、日本の大相撲ファンの、日本出身横綱に対する期待を一身に背負っての日々は、相当な重圧があったことと思います。


そんな満身創痍の稀勢の里関が引退会見の際に口にした、
「横綱としてみなさまの期待にそえられないということは非常に悔いが残りますが、私の土俵人生において一片の悔いもございません。」
という言葉。

この中の「一片の悔いもない」というのは、漫画「北斗の拳」(原作・武論尊、作画・原哲夫)でラオウが最期に発したセリフ
「我が生涯に一片の悔いなし」から来ているなとピンときたのは、あたくしだけではないと思います。

ラオウ 我が生涯に一片の悔いなし
ラオウ「我が生涯に一片の悔いなし」


というのも、稀勢の里関が「北斗の拳」の、とりわけラオウ好きというのは有名な話であり、実際に「ラオウ」の化粧まわしをつけて土俵入りをしたこともありましたからね。


漫画「北斗の拳」の化粧回しをお披露目する横綱稀勢の里
漫画「北斗の拳」の化粧回しをお披露目する横綱稀勢の里


ラオウは自分の拳を伝えることはできませんでしたが、稀勢の里関には、これから荒磯親方としてぜひ立派な弟子を育てて、自分の拳(相撲道)を伝えていってほしいと思います。



面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。
キャラクター評論家 ろばと でにろう


スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 23:13 | Comment(0) | キャラクターとコラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx