ろばとでにろう マスメディア登場実績
2022-08-04
女性セブンに掲載されました。
2022-02-22
週刊女性に掲載されました。
2021-08-04
週刊ベースボールに掲載されました。
2020-12-21
AERA(アエラ)に掲載されました。
2020-10-14
朝日新聞に掲載されました。
2019-12-24
朝日新聞(長崎版)に掲載されました。
2019-05-07
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2019-04-14
The Japan Times(ジャパンタイムス)に掲載されました。
2019-01-30
朝日新聞(京都版)に掲載されました。
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2022年11月01日

「ジブリパーク」開園

このエントリーをはてなブックマークに追加
●「ジブリパーク」開園

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です

2022年11月1日(火)、愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園内に「ジブリパーク」が開園しました。


スポンサーリンク






初日はあいにくの雨模様でしたが、来園した人たちはそんなことは関係なくジブリの世界を楽しんでいたようです。


ジブリパークの楽しみ方は色々あります。

1.まず、園内には着ぐるみのキャラクターが居らず、パレードなど園主催のイベントごとが無いので、来園者はひたすら歩いて園内を自分で散策する必要があります。

園内には、随所にマニア心をくすぐる仕掛けがあるので、それらを探し歩くだけでも楽しめます。


2.お土産で楽しめる。
ジブリパークのお土産店でしか買えないものがあるので、それを購入する楽しみがあります。
中には楽しみにしていたのでしょう、120万円を越える爆買いしたツワモノもいました!

個人的には、カシラを3点購入して、家でその3点を積んで飾るのがオススメです。
(カシラのサイズと値段は、Lサイズ:24,200円、Mサイズ:6,050円、Sサイズ:2,750円)

湯婆婆
(C) Studio Ghibli


3.外からでも楽しめる。
ジブリパークは、愛・地球博記念公園内にあります。
ジブリパーク内には、有料のチケットを購入しないと入場できませんが、愛・地球博記念公園自体には誰でも無料で訪れることができます。
公園内では、「地球屋」が見えるエリアなど、ジブリパークの雰囲気を感じられる場所もあり、そうした所からでも楽しむことができます。


面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。
キャラクター評論家 ろばと でにろう


スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 21:43 | Comment(0) | キャラクタービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx