ろばとでにろう マスメディア登場実績
2022-02-22
週刊女性に掲載されました。
2021-08-04
週刊ベースボールに掲載されました。
2020-12-21
AERA(アエラ)に掲載されました。
2020-10-14
朝日新聞に掲載されました。
2019-12-24
朝日新聞(長崎版)に掲載されました。
2019-05-07
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2019-04-14
The Japan Times(ジャパンタイムス)に掲載されました。
2019-01-30
朝日新聞(京都版)に掲載されました。
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2022年06月01日

「あつまれ どうぶつの森」効果でカリンバが爆売れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
●「あつまれ どうぶつの森」効果でカリンバが爆売れ

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です

カリンバの販売数量が、コロナ前と比べて173,850%の伸び率だそうです。


スポンサーリンク






山野楽器が「楽器販売数量UP率ランキング」を発表しました。

楽器販売数量UP率ランキング


これは、2021年(2021年1月1日〜12月31日)の楽器関連商品の販売数量を、コロナ禍前の2019年(2019年1月1日〜12月31日)と比較し、販売数量伸び率の高い順にランキング化したものです。

これによると、カリンバがコロナ前比約1,740倍の売上げとなっています!




このカリンバが爆売れしている背景には、「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)人気が関わっています。

Nintendo Switchの「あつまれ どうぶつの森」の中で、カリンバが登場することによって認知度が高まり、その音色がオルゴールのようで癒されるということや、価格も3,000円前後と手頃で、さらに手のひらサイズのコンパクトな大きさといったことから、爆発的なヒットとなったようです。

Nintendo Switchの「あつまれ どうぶつの森」の中でカリンバが登場
Nintendo Switchの「あつまれ どうぶつの森」の中でカリンバが登場
(C) 2020 Nintendo

Nintendo Switchの「あつまれ どうぶつの森」の中でカリンバが登場
(C) 2020 Nintendo

どこから何がヒットするか、ホントわからないですね。

カリンバの売れ筋ランキングはこちら


面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。
キャラクター評論家 ろばと でにろう


スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 21:53 | Comment(0) | キャラクタービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx