ろばとでにろう マスメディア登場実績
2020-12-21
AERA(アエラ)に掲載されました。
2020-10-14
朝日新聞に掲載されました。
2019-12-24
朝日新聞(長崎版)に掲載されました。
2019-05-07
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2019-04-14
The Japan Times(ジャパンタイムス)に掲載されました。
2019-01-30
朝日新聞(京都版)に掲載されました。
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2021年05月01日

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」がアメリカで公開された外国語映画のオープニング興行成績の歴代1位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
●「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」が、アメリカで公開された外国語映画のオープニング興行成績の歴代1位に

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です


「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」が、4月23日にアメリカ全土で劇場公開され、興行収入2,114万ドル(約22億8000万円)を記録しました。
これは、アメリカで公開された外国語映画(実写作品を含む)として、歴代1位のオープニング記録となリました。


「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」がアメリカで公開された外国語映画のオープニング興行成績の歴代1位に
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable


スポンサーリンク






今回の「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の成功で注目すべきは2点

一つめは、共同配給として、アニプレックスの子会社、アニプレックス・オブ・アメリカが入っていること。
従来、日本映画を海外で配給する際は、配給権を売っていたのがほとんどでした。
しかしこれだと、海外でどんなにヒットしても、収益は現地の配給元に入るだけでした。
これを変えてのヒットというのは、大きいです。

二つめは、「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」は、アニメを見ていた人を前提とした作品であるにも関わらずヒットした。という点です。
これは、日本国内でも従来の方法、つまり、どこかのテレビ局一系列のみでオンエアされるといった方法を飛び越え、AbemaTV、Amazonプライム・ビデオ、
U-NEXTといったネットの動画配信サービスでの提供を行なっていましたが、海外でもNetflixなどでの配信を行ったことにより、アニメを見てファンになったひとたちが映画館に足を運ぶ。という流れができたことが大きいと思われます。

日本のアニメの、海外市場に展開した際のマネタイズ化が確立され、アニメ製作の現場までその恩恵が落ちてくるようになると、日本のアニメ産業はさらに活況になります。
アニメ産業が、日本の産業として確固たる地位を確立されるようになっていってもらいたいものです。


面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。
キャラクター評論家 ろばと でにろう


スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 13:53 | Comment(0) | 映画とキャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx