ろばとでにろう マスメディア登場実績
2020-12-21
AERA(アエラ)に掲載されました。
2020-10-14
朝日新聞に掲載されました。
2019-12-24
朝日新聞(長崎版)に掲載されました。
2019-05-07
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2019-04-14
The Japan Times(ジャパンタイムス)に掲載されました。
2019-01-30
朝日新聞(京都版)に掲載されました。
2018-03-01
スポーツ報知に掲載されました。
2017-09-21
女性セブンに掲載されました。
2016-11-11
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2016-04-23
朝日新聞(宮城版)に掲載されました。
2015-11-27
中京テレビ「キャッチ」に出演しました。
2013-12-29
関西テレビ「ブラックマヨネーズのネガったり!ポジったり!」に出演しました。
2013-12-25
再び、TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-11-12
TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました。
2013-10-10
女性セブンに掲載されました。
2013-09-20
週刊ポストに掲載されました。
2013-08-21
産経新聞に掲載されました。
2013-05-30
毎日放送テレビ「せやねん!」の番組公式サイトに出演した人として紹介いただいております。
2013-04-06
毎日放送テレビ「せやねん!」に出演しました。
2013-03-23
東京新聞に掲載されました。
2013-02-15
毎日放送テレビ「せやねん!」の取材を受けました。
2012-11-26
TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ!」に出演しました。
2012-10-02
「ろばと でにろう」も寄稿した「メ〜テレ本」が発売されました。
2011-11-01
中日新聞の取材を受けました。
2010-11-05
女性向けゴルフ雑誌「Regina(レジーナ) 2010 November」 に掲載されました。
2010-05-20
東京ナイロンガールズに掲載されました。
2010-01-10
毎日新聞(東海版)に掲載されました。
2009-10-10
朝日新聞(beランキング)に掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

てをつなごうバナー

2021年01月01日

スタジオジブリ作品の場面写真提供は、計1,178枚(全24作品)に及びました

このエントリーをはてなブックマークに追加
●スタジオジブリ作品の場面写真提供は、計1,178枚(全24作品)に及びました。

キャラクター評論家「ろばと でにろう」です


スタジオジブリ作品の場面写真提供は、計1,178枚(全24作品)に及びました。


スポンサーリンク






以前お伝えした、スタジオジブリによる全作品の場面写真提供
2020年9月から順次様々な作品から場面写真が提供され始め、全部で24作品、計1,178枚の場面写真が提供されました。


「千と千尋の神隠し」の一場面
「千と千尋の神隠し」の一場面

「となりのトトロ」の一場面
「となりのトトロ」の一場面

「風の谷のナウシカ」の一場面
「風の谷のナウシカ」の一場面


場面写真が提供されたジブリ作品

・思い出のマーニー
・かぐや姫の物語
・風立ちぬ
・コクリコ坂から
・借りぐらしのアリエッティ
・崖の上のポニョ
・ゲド戦記
・千と千尋の神隠し
・ハウルの動く城
・猫の恩返し
・ギブリーズ episode2
・ホーホケキョ となりの山田くん
・もののけ姫
・耳をすませば
・平成狸合戦ぽんぽこ
・海がきこえる
・紅の豚
・魔女の宅急便
・となりのトトロ
・レッドタートル ある島の物語
・On Your Mark
・おもひでぽろぽろ
・天空の城ラピュタ
・風の谷のナウシカ


スタジオジブリによる作品の場面写真提供202009

スタジオジブリによる作品の場面写真提供202010

スタジオジブリによる作品の場面写真提供202011

スタジオジブリによる作品の場面写真提供202012




面白かった。為になったと感じたら、ツイートやはてブして頂けると嬉しいです。モチベーションアップにつながります。応援よろしくお願いします。
キャラクター評論家 ろばと でにろう


スポンサーリンク




このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by ろばと でにろう at 00:07 | Comment(0) | キャラクタービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
『キャラクターとビジネス 〜キャラクター評論家のブログ〜』では、一部画像、スクリ−ンショット、および文章について、引用にて情報を記載する場合がございます。 引用部分は著作権法第32条で定められた「引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という趣旨に基づいて引用いたしておりますが、万が一問題がありましたらご連絡ください。即刻対応させていただきます。
fx